外貨MMFガイド手数料比較ランキング【外貨MMFとは?】

外貨MMFとは?

外貨MMF(がいかえむえむえふ)とは、Maney Market Fundの略で、外貨で運用する投資信託で、外貨建てMMFとも呼ばれています。


米ドルMMFやユーロMMFなどの通貨別に設定されています。


外貨MMFの投資対象は、国債や優良企業の社債などで、投資元本を維持して投資の継続を目標にしています。


投資信託なので、元本保証はありませんが、今まで外貨ベースで元割れをしたことがない為、元本の安全性は高いと評価されています。

(外貨建てでは元本割れしていない場合でも、為替変動によって円換算では元本割れしてしまうこともありますので注意が必要です。)

外貨MFMFは短期で儲けたい方の商品ではなく、長期で資産を築いていきたい方にお勧めの商品です。


投資信託におけるリターン・リスク

投資信託には様々なファンドが存在していますので、当然ファンドによってリスクは度合いが異なります。


リスクが比較的少ないMMFや公社債投信など株式を中心としないものはリスクが少ない分リターンもあまり高くはないと言ったような感じです。


逆に株式を中心としている国内株式型投信や海外株式型投信などはリターンの高さが期待できる商品ですが、やはりその分リスクも大きいと言えます。


以上のように投資信託におけるリターンとリスクの関係は密接なもので、リターンが大きいとリスクも大きく、リターンが小さいとリスクも小さいのです。


ですから購入する際にはリターンばかりではなくリスクの面においてもきちんと了承した上で購入する必要があります。


ちょっとここでは投資信託におけるリスクとリターンについての説明をしてみたいと思います。


投資信託におけるリターンについてですが、「インカムゲイン」「キャピタルゲイン」という二つがあり前者は分配金という形で、ある一定期間毎に配当され、後者は購入価格を売却価格、または償還価格から引いた金額を配当金として還元されるといったリターンになります。


次に投資信託におけるリスクについてですが、価格が上下に異動することにより変動してしまうために起こりうるリスクがあります。


その変動が上に行けばリターンが増えるのでリスクは小さくなりますが、変動が下にいけばいくほどリスクが大きくなっていってしまいます。


以上のような事が投資信託における基本的な、リターンとリスクではないかと思います。






同じカテゴリーの最新の記事

  • メリットとデメリット

    外貨MMFは外貨の投資信託ということで為替差益も得られます。その差益に関しては非課税となっています。買った時よりも売るときに円が安くなっていると為替差益で儲けがでます。逆の場合は損をします。儲かった時は非課税でまるまる儲けとなりますが、損し...


  • 外貨MMFとは?

    外貨MMF(がいかえむえむえふ)とは、Maney Market Fundの略で、外貨で運用する投資信託で、外貨建てMMFとも呼ばれています。 米ドルMMFやユーロMMFなどの通貨別に設定されています。 外貨MMFの投資対象は、国...


  • 外貨預金との比較

    外貨MMFがどれぐらいの金融商品なのか外貨預金と比較してみましょう。 外貨預金とは現在所持している円を外国の通貨(米ドルなど)にして預金することです。 日本円だと預金していても低金利の為利息がほとんど付かないのが現状です。 ...


  • FXとの比較

    現在外貨金融商品の中で最も人気のあるFXち比べてみましょう。 FXとは外国為替証拠金取引のことで主に短期間の為替差益をねらった金融商品です。 レバレッジの利用や取扱通貨数・取扱業者数がたくさんあるといった特徴があります。 ...


  • 外貨建てMMFの特徴

    外貨MMFは米ドルやユーロなどの外貨建ての国債など短期債券を中心に運用します。 毎日運用実績により配当があり、月末にその月の分配金をまとめて元本として再投資する一ヶ月複利の商品です。少額から始めることができるのも特徴です。 少額...